iki-ikiについて

サービスの意義

シニアの方が簡単なサポートを要望されたその時々に、時間やスケジュールに余裕のある地元在住のソーシャルメイトが、できるだけ早くお手伝いに伺うことで、地元住民同士の助け合いを再構築します。

この仕組みが広がることで、都道府県の単位はもとより、超高齢社会そのものを支える基盤の確立が実現できます。

サービス思想

 

iki-ikiは、一人暮らしのシニアの方を中心に提供する生活支援を通じ、日本が抱える社会課題の解決を目指すサービスです。

 

​日本の大きな社会課題である高齢化。2025年には人口に占める高齢者の割合が65歳以上で30%、75歳以上で18%になるといわれています。また、高齢世帯に占める単独世帯の割合は65歳以上で35.7%、75歳以上で38.4%を占め、2040年にはそれぞれ40%、42.1%になると予想されています。このような背景を受け、高齢な健常者に対する日常生活上のサポートの必要性や需要は今後より高まっていくと考えられます。

一方、少子化・人口減少により、生産年齢人口は1995年の8726万人をピークに減少を続け、2018年は7545万人、人口比59.7%と昭和20年代と同水準にまで減少。2029年には7000万人、2040年には6000万人を下回ると予想され、働き手・人手不足の状況はより一層深刻になると考えられます。

この2つの大きな社会課題の同時解決に寄与するサービスがiki-ikiです。 

時間にゆとりのある学生やアクティブシニア、就労者(休日等を活用)が「社会貢献の場」として、潜在的労働力である主婦・主夫層等が「社会再進出の場」として、社会的弱者である被扶養者(ひきこもり)や未就労者(ニート)が「就労経験の場」としてソーシャルメイトに登録した上で、高齢者が日々営む生活において必要と感じる何らかのサポートを、その時々で対応できる方が行います。このスキームにより、増加の一途を辿るであろう高齢者の支援ニーズにも同時にリアルタイムでの対応が可能となり、高齢者全体のQOL(Quality of Life:生活の質)が向上するだけでなく、新たな労働機会・時間の創出により、従来は人手不足により困難だったきめ細やかな高齢者支援が行き届き、かつ労働力全体の増加が実現できます。

 

iki-ikiのサービスには、利用者である高齢者にとっては安価で身の回りの様々なサポートの窓口として気軽に依頼できる等のメリット、ソーシャルメイトにとっては空いた時間などを活用した柔軟な労働と報酬を得られる等のメリットがあります。

 

高齢者はソーシャルメイトの手を借りることを通じてソーシャルメイトに新たな就労機会の場を提供し、ソーシャルメイトは高齢者支援を通じて社会課題解決へのお役立ちを担うという「互いに支え合うサービス」、それがiki-ikiです。